知ってることなんて忘れよう!の少年に納得

背骨LABOのスポンサーリンク




暑いですね。

ナゴヤってなんでこんなにジメジメしてるんでしょうね。

それはさておき久々の投稿となりますが今回は全然カラダのコトに関係ない記事となってしまいそうです。

なぜならこの動画を見てしまったからです。

アスペルガー症候群で「アインシュタイン」を超える14才のIQ170の天才少年。

ちょっとオーバーサイズの服装とサンダルが印象的。

彼は2歳の時、中度から重度の自閉症と診断され、医師は両親に彼は一生会話をしたり文を読んだりすることができない可能性が高いと言われていたらしい。

アインシュタインも5歳まではろくに話すことができなかったようですが、その境遇も似てますね。

「成功したければ学ぶのをやめて考えろ」

と最後に彼は言ってますが、しびれました。

考えすぎてダメになるタイプの僕には少々キツイですが・・・

まずは自分の興味のある分野で、学ぶのをやめてその分野について考える!

なにか新しい発見があるかも。

背骨LABOのスポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です