ポッコリお腹解消!?パーツ別5秒腹筋のやり方

背骨LABOのスポンサーリンク




「このお腹なんとかしたいんですけど」

ポッコリお腹のみなさんこんばんは。

今は四月ですが、もうあっという間に夏がきそうな気温になってきましたね。

夏になり、気温が上がれば薄着になり浮き輪のような脂肪のかたまり「ポッコリお腹」が気になるのではないでしょうか。

そんなあなたに世界一受けたい授業でも紹介された、5秒腹筋をまとめてみましたので軽くお腹に力を入れて読み進めてください。

 

 

5秒腹筋とはなんですか?

5秒腹筋とは・・

5秒の腹筋運動を続けるだけでポッコリお腹が解消される

このトレーニングはフィットレストレーナーの松井薫さんという方が考案されたそうです。

書籍もでているようですので気になる方はチェックですね。

専門的に説明するとこの運動はアイソメトリック運動を取り入れたトレーニングです。

カンタンに説明すると筋肉の長さを変えずに負荷をかけるということですね。(空気いす、腕相撲など)

つまり、腕立て伏せのように曲げる、伸ばすのような動的なトレーニングではなく静止的なトレーニングなんですね。

補足

静的収縮|等尺性収縮|アイソメトリック|筋がその長さを変えないで収縮する |張力は変化する

動的収縮|短縮性収縮|コンセントリック|筋がその長さを短くしながら収縮する|張力は変化しない

     伸張性収縮|エキセントリック|筋がその長さを長くしながら収縮する|張力は変化しない

 

「動かなくていいならできるかも!」

 

5秒腹筋:脇腹(腹斜筋)編

  1. 立ったまま、両手にこぶしを作る
  2. 首の後ろの根元に小指を当て後頭部を固定
  3. 肘の位置は耳よりも高い位置まであげる
  4. 右足を一歩前に出しかかとに力を入れ、息を吸いながらお腹をへこませる
  5. 口から息を吐くのと同時に、ゆっくり右わき腹をねじりながら腹斜筋に力を入れる
  6. 5秒キープ
  7. 左右1日10回3セット

【コツ】

・雑巾をぎゅっと絞るイメージで右上から斜め下に潰すようにします。

・お腹を絞る時は背筋をまっすぐで猫背のように背中を丸めない!

 

5秒腹筋:腹横筋

インナーマッスルといったら腹横筋は避けて通れませんね。

  1. うつ伏せになり両肘を床に置きます
  2. 右手で丸を作り左手を添え土台にし、手の上におでこをのせる
  3. つま先を立てる
  4. 手・肘・つま先の3点を支えにし、ゆっくりお尻を上げて体をアーチ型にする
  5. お腹に力を入れたまま5秒キープ
  6. その後床にお腹がつかない程度まで体を下げる
  7. 1日10回3セット

※きつかったら膝ついてオッケー※

5秒腹筋:腸腰筋編

これは背骨と股関節をつなぐインナーマッスルです。こいつを鍛えて代謝アップ!ぜい肉撃退!!

  1. 姿勢を正して椅子に座り、両手を机の上に置く
  2. 左ひざを上げ机を押し上げ、両手は机を強く抑える
  3. 足の付け根に力を入れ5秒キープし元に戻します
  4. 左右交互の1日10回3セット

文字だけでどうやってやるかわからない方は是非「5秒腹筋」調べてみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背骨LABOのスポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です